あるある001-自信を持ってカウンセリングができるように|親子 リピートされる カウンセラー スクール カウンセリング

あるある001-自信を持ってカウンセリングができるように|親子 リピートされる カウンセラー スクール カウンセリング

リピートされる カウンセラー スクール カウンセリング 心理

 

リピートされる カウンセラー スクール カウンセリング 心理

 

リピートされる カウンセラー スクール カウンセリング 心理

 

■どんな状態でしたか?

 

高いお金をかけて心理学カウンセリングを学んだものの、カウンセラーとしてやっていくことに自信が持てず、カウンセリングを学んでいた当時も課題である「無料モニターセッションでのレポート」もやれる自信がなく、困り果てた状況でした。

なんとかスクールは認定を受けましたが、勇気を出してお願いした無料モニターでちょっと質問されたり、反応が悪かったりすると、自己嫌悪で無料モニターであっても消極的になっていました。

 

 

リピートされる カウンセラー スクール カウンセリング 心理

 

リピートされる カウンセラー スクール カウンセリング 心理

 

■受講を決めたきっかけはなんですか?

 

他のカウンセラーさんはどのようにしているのか調べていた時に、ファクチュアリズムカウンセリングを見つけました。

『自信を持ってできるカウンセリング』という言葉が気になり、しばらく悩んだ末、無料体験に申し込みました。

特に深く悩んでいることはなかったけれど、ちょっとストレスに感じていた母のおせっかいについて相談してみました。

 

その時に頂いたワンポイントアドバイスを試してみたら、ピタっと母が静かになったので、とても驚きました。

たった一回のカウンセリングで大きな変化をもたらしたこのカウンセリングを、ぜひ学びたいと思いました。

 

 

リピートされる カウンセラー スクール カウンセリング 心理

 

■受講中はどうでしたか?

 

まず、マンツーマン指導でしたので、恥ずかしがることなく受けることができました。

そして今まで、カウンセラーとして自信が持てないのは自分が悪いのだと思っていましたが、そうではなく、多くの方が自信を持てずに悩んでいる状態だということにまず驚きました。

 

そして、それを打ち破るのは「確信を持つこと」と学びました。

 

ファクチュアリズムカウンセリングでは、感情や記憶などを一切扱わないので、私がとても苦手意識のあった、クライアントの本音を引き出すテクニックが必要ないことがわかり、とても安心できました。

 

実践ワークを通して、具体的にどのように問題を解決に導いていくのかを実際に体験できたことや、疑問がわいたり不安になった時、その都度Lineのサポートを受けることができたので、大きな自信に繋がりました。

 

 

リピートされる カウンセラー スクール カウンセリング 心理

 

リピートされる カウンセラー スクール カウンセリング 心理

 

リピートされる カウンセラー スクール カウンセリング 心理

 

■受講後、クライアントさんの反応はいかがですか?

 

ファクチュアリズム受講中、毎回、実践ワークや課題をこなしていきました。

そこで、具体的な対応を数多く重ねることができ、「私は大丈夫!」と思えるまでになりました。

 

まだ講座を受講している最中でしたが、無料でいいから試しに誰かをセッションしてみる様、勧められました。

その際、心理カウンセリングとの併用で行って頂いて構わないとのことでしたが、先にファクチュアリズム・カウンセリングを行い、その後に心理カウンセリングを行うとのことでした。

 

まだ自信がないことと、セッションする様な相手がいないことを伝えると、なんと以前、悩みを抱えていて「お試しセッション」を受けられたことのある方に「前回とは違うアプローチでやるのでぜひやらして欲しい」とダメモトでお願いしてみたら?と言われました。

 

私自身、すごく悩みましたが、開き直って、いままで「お試しセッション」を受けて頂いたことのある方全員にメールをしました。

 

その中で1人だけ返信を頂きました。

 

その方は母親とのことで悩んで「お試しセッション」に来られましたが、その後のご縁が残念ながら無かった方でした。

 

「お試しセッション」の後も何人かのカウンセラーからカウンセリングを受けられた様ですが問題解決にはいたっていないとのことでした。

 

Lineのサポートで観野丁心先生よりアドバイスを受けながら電話でのセッションに臨みました。

 

セッション中はとにかく一生懸命で、どんな状況だったのかよく覚えていませんが、結局、心理カウンセリングの手法は使うことなく、ファクチュアリズム・カウンセリングだけでしたが、最後にワンポイントアドバイスをお伝えして終了しました。

 

1週間ほど経った頃、「お試しセッション」のクライアントさんから連絡をもらいました。

 

母親の反応に大きな変化があったので、継続してセッションを受けたい、カウンセリングの料金はおいくらですか? とのことでした。

 

一体、何が起こっているのか信じられない中で、正規の料金をお伝えすると、次回の予約を取りたいとのご連絡を頂きました。

 

よろこぶというより驚きの中で観野丁心先生に連絡をすると、「おめでとう!」と先生も一緒に祝ってくれました。

 

とてもうれしかったです。

 

そして、振り込まれたカウンセリング料金の金額が多く、その旨を連絡すると、それは前回の「お試しセッション」のお礼とのことでした。

 

これはとても自信になりました

 

そして、臆することなく、今まで尻込みをしていた無料モニターの募集を手当たり次第に開始しました。

 

受講修了後すぐ、以前、一緒に心理学を学んだ方と相互モニターを行いましたが、私のファクチュアリズム的アドバイスに、きょとん!としていました(笑)

 

しかし、その後、その方から連絡があり、「アドバイスをやってみたら、その通りになった!ありがとう!」と感謝をされ、そのカウンセリング手法は何か?と聞かれました。

 

ファクチュアリズム・カウンセリングのことを伝えると、自分も学びたいと言われていました。

 

これで自分のカウンセリングに対して、さらに自信をつけることができました。

 

 

リピートされる カウンセラー スクール カウンセリング 心理

 

リピートされる カウンセラー スクール カウンセリング 心理

 

■現在はいかがですか?

 

無料モニターをやるたびに、クライアントさんから前向きな返事がもらえるので、自信とモチベージョンが上がります!

 

その内容も「元気になりました!」のような曖昧なものではなく、実際に「いままでにない反応があった」「これは問題が解決する感じがする」というような具体的なもので、リピートの予約をもらうようになったので、手ごたえの度合いが全然違います。

 

一時は、私にはカウンセラーは向いていないのではないか…と感じていましたが、今は自分がカウンセラーとして、クライアントさんから必要とされている実感があります。

 

これからもっともっとたくさんの方のご相談にのって、クライアントさんを笑顔にできるように頑張ります!

 

 

 


リピートされる カウンセラー スクール カウンセリング 親子

リピートされる カウンセラー スクール カウンセリング 親子

 


 

親子 リピートされる カウンセラー スクール カウンセリング

親子 リピートされる カウンセラー スクール カウンセリング

 


*:..。o○☆゚・:,。*:..。o ○☆ お客様の声 *:..。o○☆゚・:,。*:..。o ○☆

ご本人様から掲載の許可を頂いています。
感想等には個人差があることを承知の上ご覧下さい。
また原文は長い文章が多い為、割愛をさせて頂いています。
【文章は個人情報保護等の理由で一部修正を加えてあります】

親子 リピートされる カウンセラー スクール カウンセリング

リピートされることのなかった親子問題カウンセリング

心理カウンセリングを学んで認定を受け、親子問題カウンセラーをしています。
カウンセリング後の感想でとてもよかったと書いてくれるものの、いざ有料のセカウンセリングとなると、なかなか申し込みはありませんでした。
親子カウンセリングの料金を下げて有料カウンセリングを受けてもらったこともありましたが、リピートされることはありませんでした。
以前受けていたカウンセラーコンサルの指導でセッション後にアンケートを書いてもらう様にしましたが、中には「よく分からなかった」「とても不快な思いをした」「親子関係が悪化した」などと書かれてしまったこともあり、とてもショックでしばらく立ち直れませんでした。
そんな時ファクチュアリズム・カウンセリングを知り、無料スクールカウンセラー体験を受けてみました。
実はヤケになって受けたのですが、カウンセリングで言われたワンポイントアドバイスが気になってやってみると、驚くことにリピートされるようになりました。それからお世話になっています。ありがとうございます。

タグ:親子 リピートされる カウンセラー スクール カウンセリング

■ なぜ、有料カウンセリングに来ないのか

親子カウンセリングを学んで、親子関係専門のカウンセラーをしています。
スクールカウンセリングの資格を取得し、無料ではありますが親子関係カウンセリングの件数もこなしてホームページも作りましたが有料でのお客さんが来ないばかりか、無料のお客さんでもリピートされることが一度もありませんでした。
やはり、親子関係カウンセラーとしての技術が未熟であること、親子問題の知識が不足していると反省し、勉強を続けました。
スクールもさらに心理カウンセラー上級のコースへ通って資格認定を受けました。
自信をつけたつもりではありましたが、それでも親子カウンセリングの集客やリピートされることにつながることはありませんでした。
もう何度も親子カウンセラーをやめてしまおうとも考えましたが、今までかけたお金や時間、労力を振り返ると思い切ってやめてしまうこともできませんでした。
そんな時、ふと見かけたのがファクチュアリズム・カウンセリングでした。
無料の親子問題カウンセリングスクール体験があったので、試しに受けてみましたが、心理的な質問はなく、現実的な質問ばかりでとて驚きました。
私にとってこのスクール体験はインパクトのあるものではありませんでしたがカウンセリングでたった一つ、「よかったら、やってみたら?」と言われたワンポイントアドバイスがとても印象的でした。
少しの間、このワンポイントアドバイスを忘れていたのですが、ふとあのワンポイントアドバイスを思い出し、やってみたのです。すると、今までとは違い、「思いがけずリピートされる」という反応を見せたのには驚きました。
それがファクチュアリズム・カウンセリングと出会ったきっかけです。
この親子カウンセリングはとてもパワフルで、わかりやすく結果が出ます。
しかし、従来の親子カウンセリングのように感情的に同調してくれるものでも、親子問題でのトラウマを癒すことを目的としているものでもありません。
そのような一時的なことではなく、根本的に親子問題を解消するものです。
私自身の問題もある程度解決したつもりではありましたが、このファクチュアリズム・カウンセリングで気づかせて頂き、気にならなくなりました。
これなら自信を持ってクライアント様に親子カウンセリングしていくことができるようになり、自然にリピートされるようになりました。観野几公、観野丁心両先生に感謝です。

タグ:親子 リピートされる カウンセラー スクール カウンセリング

■ 心理カウンセラースクールを卒業してから

心理カウンセラー認定を受け、母娘や親子関係カウンセラーをしています。
親子カウンセリングカウンセラーとしてやっていこうと、カウンセラースクールで心理カウンセリングを学びました。
最初はなかなか親子カウンセリングのお客さんが来なくて悩みましたが、リピートされる集客のコンサルなどを受け、ホームページやブログを作り、ようやく親子カウンセリングへ無料モニターの申込が入るようになりました。
しかし、そこに大きな壁がありました。
リピートされることがなく、有料の申込みがなかなか入らないのです。
やはり、親子問題を仕事としてやるにはハードル高いか‥まして、自分自身でリピートされる率のアップや集客をして自分のビジネスとしてやるのは無理か‥と感じ、心理カウンセリング親子カウンセラーとしてどこかで仕事が出来ないかと探したこともありました。
しかし、仕事として親子カウンセラーをやったことがなかった私には、それさえも厳しい現実がありました。
コツコツと親子カウンセリングを続けていけば、きっといつか運が巡ってくると信じて、無料カウンセリングを続けていました。
しかし、無料カウンセリングを何件やってもクライアントさんの手応えを感じないのでした。
すっかり親子カウンセラーとして自信をなくした私は、卒業した心理カウンセラースクールだけでなく、他の
カウンセリングにも目を向けるようになりました。
その一つがファクチュアリズム・カウンセリングでした。
無料カウンセラー体験では、カウンセラーとしてリピートされることがないことを相談しました。
その際にワンポイントアドバイスを頂きました。
早速、無料カウンセリングのクライアントさんに試してみたところ、驚くことに今まで違う反応でした。
初めてカウンセリングで手応えを感じ、観野丁心先生に連絡すると共に、ファクチュアリズム・カウンセリング
入門の受講を決め、ファクチュアリズム・カウンセラーになりました。
あの時の手応えを手始めに、いまでは有料カウンセリングリピートされるクライアントさんもできて、ようやくカウンセラーとしてスタート地点に立てた気がします。
あの時、ファクチュアリズム・カウンセリングに出会わなかったら、無料スクール体験を申し込まなかったら、ワンポイントアドバイスを実行しなかったら、いまの自分はなかったと確信しています。観野丁心先生、本当にありがとうございます。

タグ:親子 リピートされる カウンセラー スクール カウンセリング

カウンセラーとして必要とされる人になれた

心理カウンセリングの認定を受け、心理カウンセラーをしています。
思い返すとあの頃は、私はアダルトチルドレンだから仕方ない、世間はアダルトチルドレンには優しくない‥などとずっと考えていました。
それで、アダルトチルドレンの方たちのために役に立ちたくて心理カウンセラーになろうと心理学を学び心理カウンセラースクールに行きました。
心理カウンセリングを学んでからというもの、アダルトチルドレンのカウンセリングに違和感を感じてきました。そして、正直なところ、リピートされるどころか、それらの人たちから心理カウンセラーとしてあまり必要とされていないと感じるようになりました。しかし、その理由はわかりませんでした。
そんな時、心理カウンセリングではない、結果を出すカウンセリングと書かれていたファクチュアリズム・カウンセリングに興味を持ち、興味半分で無料カウンセラースクール体験を受けてみたのです。それから私のカウンセラーとしての意識は変わりました。
目に見えない心理や感情にばかりに気を取られて、現実がまるで見えていなかったことに気づくことができました。いまはファクチュアリズムカウンセリングのおかげで、心理カウンセリングも活かせるになり、少しずつリピートされるようにもなりました。私は必要とされていると思えます。本当にありがとうございます。

タグ:親子 リピートされる カウンセラー スクール カウンセリング

このページの先頭へ